ホーム

ITエンジニアのキャリアプラン

ITエンジニアのキャリアアップ転職に役立つ「IT転職.biz」

ITエンジニアのキャリアプラン

リンク

高い内定率の「IT転職.biz」

高い内定率の「IT転職.biz」

ITエンジニアがキャリアアップを求めて転職することは珍しいことではありませんし、この文章を読んでいるあなたもそれを目指しているかもしれません。ただ、転職経験が少ない人にとって、転職のために何をしたらよいのか、ちゃんとした転職先が見つかるのかどうか不安なのは仕方がないことです。そんなあなたにおすすめしたいのが、抜群の内定率を誇る転職サイト「IT転職.biz」です。なぜ内定率が高いのか、その理由について紹介しましょう。

IT業界に特化している

例えば証券業界に転職しようと思ったら、その業界についての詳細な知識を持っている人の情報が必要になります。その業界に詳しくなければ分からないことは多いですし、業界特有の慣習というものもあります。これはマスコミ業界や小売業界、そしてIT業界などあらゆる職種について言えることです。一般的な転職サイトにおいては、担当者がIT業界に精通しているかどうかについては未知数です。万が一、IT業界に詳しくない人が担当者だった場合には、IT業界での転職のノウハウを持っていないに等しいわけですから、当然のことながら転職活動がスムーズに進むはずがありません。その点「IT転職.biz」は、IT業界での転職に特化しています。IT業界での転職において、何が有利で何が不利なのかを熟知しています。これが高い内定率の理由の一つ目です。

手厚いサポート

基本的に転職サイトにおいては、何事も「自己責任」で行うようになっています。転職サイトは求人情報を提供してはくれますが、あとは面接日程をはじめとする事務的は話ばかりで、何が転職活動に必要かということは教えてくれません。これでは何をしたらいいのか分からないということになってしまいかねません。付け加えていえば、IT業界で働いている人は、必ずしもコミュニケーション能力に長けているわけではありません。特にエンジニアは技術を売るのが仕事ですので、どのような態度で面接に臨んだらいいかなどの知識については覚束ない人も多いのではないでしょうか。
「IT転職.biz」は、こうしたITエンジニアを手厚くフォローしてくれます。経歴書の作成法にはじまり面接のトレーニング、現在の職場に対しての退職交渉のやり方、新しい職場で何をすべきかなど、いろいろなフォローまで行ってくれるのです。人付き合いに自信のないエンジニアにとっては、願ったり叶ったりではないでしょうか。

企業担当と人材担当が連携

転職サイトのなかには、求人を受け持っている企業担当と、サイト利用者を受け持っている人材担当の連携がうまくいっていないところもあるようです。こういうところでは利用者ひとりひとりのサポートが不十分になってしまうため、内定率も上がりません。しかし「IT転職.biz」は違います。

>>オフィシャルサイト

>>オフィシャルサイト

「IT転職.biz」では、「一気通貫システム」によって企業担当と人材担当が連携を密にし、利用者個々をサポートできるよう万全の態勢を敷いています。

上記の手厚いサポートも、この連携があればこそ可能なことなのです。ITエンジニアの転職までには、いろいろ大変なことも多いでしょう。その大変さを少しでも和らげるために「IT転職.biz」を利用してみるのもいいのではないでしょうか。

未経験者にも役に立つ

高い内定率の「IT転職.biz」
高い内定率の「IT転職.biz」

未経験者の転職先探しにもIT業界に精通している転職支援エージェントである「IT転職.biz」を活用してみてください。IT転職.bizでは、経歴書の作成や面接トレーニング、さらに面接後のフィードバック検証までフォローしてくれるため未経験者の不安を軽減する上でも大いに役立ちます。これはIT転職.bizの内定率の高さにも通じるサポート力と言ってよいでしょう。キャリアプランニングの相談もできますので、一度ぜひ登録してみてください。

相談はエージェントへ
相談はエージェントへ

未経験からITエンジニアへの門をたたく転職者も、IT業界に精通した転職エージェントにキャリア相談をしてみることをおすすめします。未経験者の場合は特に、まだITエンジニアとして何がしたいのかもわからないのにキャリアプランといわれても困るという人も多いはずです。転職エージェントに相談したからと言ってそれだけで全てが解決するわけではありませんが、キャリアプランニングとその実現のための方法に客観的アドバイスをもらえます。

代表的なキャリアの種類
代表的なキャリアの種類

これからITエンジニアを目指そうと考えている未経験者の方も、将来的なキャリアの選択肢や種類について知っておくべきです。未経験者からITエンジニアの門をたたく場合、まずはプログラマから入門するケースが殆どでしょう。しかし、30代前半、早ければ20代後半にはプログラマとしてのピークに達します。その先、どういう方向へ進むのか、早めに見通しを立てておけばそれまでの間に学ぶべきスキルや達成しておきたい実績なども具体的に見えてきます。