ホーム

ITエンジニアのキャリアプラン

フリーエンジニアとしてのキャリアを歩む上で役立つ仕事探しの知識

ITエンジニアのキャリアプラン

リンク

仕事探しのパターン

仕事探しのパターン

フリーエンジニアの不安の種といえば、仕事がとれるかどうか。フリーエンジニアにとって案件が獲得できない、仕事がとれないということは収入が入らないということですから、死活問題です。ここでフリーエンジニアの仕事探しのパターンをいくつか紹介します。各パターンごとに長所や短所、特徴とポイントがありますので、上手に組み合わせて使い分けながら、安定して仕事をとれる環境を整えていきましょう。

人脈をたどる

もっともオーソドックスな王道手段が「人脈をたどって伝手で仕事を紹介してもらう」という方法です。フリーエンジニアにとって人脈はとても重要なもの。人脈が広ければ広いほど、仕事探しのパイが広がりますし、様々な情報を得ることもできます。独立前から人脈づくりに励む人が多いのもこのためです。人伝手の紹介案件はフリーエンジニア個人の信頼で勝ち取っていく案件ですから、たくさん紹介をもらえるということは自信にもつながります。
人脈からの紹介案件で気をつけなければならないポイントは、価格や納期の交渉がしづらいことからつい安請け合いしてしまったり、契約関係の手続きがおざなりになってしまうことです。何ごともなければそれでも問題ないのですが、何か起きた場合はトラブルに発展しやすいので気をつけましょう。気持ちの良い関係を長く継続させるためにも、きちんと適切な処置をしておくことが大切です。

Webで案件を検索する

特に独立したての駆け出しフリーエンジニアは、Webで案件を探す人が多いと思います。特に、クラウドソーシングは案件探しから受注納品まで全てWeb上で完結するため、その気軽さから利用している人は多いかもしれません。ただ、クラウドソーシングのネックは、全般的に単価が低いことです。メインの仕事の合間を埋めるために副業的な仕事をするには最適ですが、クラウドソーシングのみで仕事をとっていくのは少し厳しいというのが現実かと思います。クラウドソーシング以外には、フリーエンジニア向け案件紹介サービスなどの公開求人案件もWeb上で探せます。自身のスキルや言語、分野の単価相場感覚をつかむという意味でも定期的にチェックしておくと良いでしょう。

エージェントに登録

フリーランスと企業をマッチングするプロがエージェントです。エージェントに登録・契約すれば、スキルと希望条件に見合う案件を紹介してもらえるようになります。Web上には公開されていない非公開案件なども多数ありますし、自分で案件を探すよりもだんぜん楽です。キャリアプランの相談や各種サポートも受けられるようになるため、一人で色々なことをこなさなければならないフリーエンジニアにとっては心強いサービスです。

未経験者にも役に立つ

高い内定率の「IT転職.biz」
高い内定率の「IT転職.biz」

未経験者の転職先探しにもIT業界に精通している転職支援エージェントである「IT転職.biz」を活用してみてください。IT転職.bizでは、経歴書の作成や面接トレーニング、さらに面接後のフィードバック検証までフォローしてくれるため未経験者の不安を軽減する上でも大いに役立ちます。これはIT転職.bizの内定率の高さにも通じるサポート力と言ってよいでしょう。キャリアプランニングの相談もできますので、一度ぜひ登録してみてください。

相談はエージェントへ
相談はエージェントへ

未経験からITエンジニアへの門をたたく転職者も、IT業界に精通した転職エージェントにキャリア相談をしてみることをおすすめします。未経験者の場合は特に、まだITエンジニアとして何がしたいのかもわからないのにキャリアプランといわれても困るという人も多いはずです。転職エージェントに相談したからと言ってそれだけで全てが解決するわけではありませんが、キャリアプランニングとその実現のための方法に客観的アドバイスをもらえます。

代表的なキャリアの種類
代表的なキャリアの種類

これからITエンジニアを目指そうと考えている未経験者の方も、将来的なキャリアの選択肢や種類について知っておくべきです。未経験者からITエンジニアの門をたたく場合、まずはプログラマから入門するケースが殆どでしょう。しかし、30代前半、早ければ20代後半にはプログラマとしてのピークに達します。その先、どういう方向へ進むのか、早めに見通しを立てておけばそれまでの間に学ぶべきスキルや達成しておきたい実績なども具体的に見えてきます。