ホーム

ITエンジニアのキャリアプラン

ITエンジニアのキャリアプランは28歳までに立てるべし

ITエンジニアのキャリアプラン

リンク

キャリアプランは28歳までに立てよう

キャリアプランは28歳までに立てよう

キャリアプランとは、今から数年、数十年ほど経った後の将来に自分がどんな風に働いていたいかを思い描くこと。いわば将来設計のようなものです。ライフプランとキャリアプランは常にセットになります。キャリアプランが必要なのは何もITエンジニアに限ったことではありませんが、当サイトではあえてITエンジニアにフォーカスします。

キャリアプランが必要な理由

キャリアとは、大きくわければ「能力」と「実績」という2大要素によって構成される人材価値を軸として形成されます。流れに身をまかせるのもひとつの価値観ではありますが、行きたい方向へ舵をきるためには、どこへ向かうのかを大まかにでも決める必要があるのです。キャリアプランの必要性はここにあります。

28歳までに立てる

一般的に、ビジネス社会で働く人々にとって28歳と35歳が年齢的なターニングポイントになり、多くの人が30代で活躍のピークをむかえます。30代の仕事ぶりによってその先の道が変わってくると言っても過言ではありません。30代を迎えるまでに、どのような能力を身につけるのか。そして、任される仕事が大きくなる30代に、どのような実績を積んでいくのか。この関連性がその後のキャリア形成につながるということです。それまでにキャリアの準備を整えておく必要がある事を考えれば、28歳頃には将来の見通しを立てておくべきだということは理解に難くありません。
これは何もITエンジニアに限ったことではありません。しかし、ITエンジニアの場合は特にこの年齢的なポイントを強く意識した方が良いでしょう。

ITエンジニアは30代前半がピーク

「一般的なビジネスパーソンは30代で活躍のピークを迎える」と先述しましたが、このピークは厳密にいうと職業によって異なります。極端な例でいえば、スポーツアスリートの場合30代ではすでにピークを過ぎています。将棋の棋士などもピークは25歳前後といわれています。
ITエンジニアの場合、有名な35歳定年説にも表わされるとおり、職業能力のピークは30代前半に訪れると言って良いでしょう。そしてこのあたりでほぼITエンジニアとして人材価値は固まってきます。となると、キャリアの見通しを立てるのは28歳でも遅いぐらいなのです。どんな人にも共通して同じように与えられる有限の資源が、「時間」です。時間は限られているからこそ、有効に使うことを考え、そのために必要なプランを立てるべきなのです。

当サイトへのお問い合わせはitegcareerplan@yahoo.co.jpまでお願いいたします。

未経験者にも役に立つ

高い内定率の「IT転職.biz」
高い内定率の「IT転職.biz」

未経験者の転職先探しにもIT業界に精通している転職支援エージェントである「IT転職.biz」を活用してみてください。IT転職.bizでは、経歴書の作成や面接トレーニング、さらに面接後のフィードバック検証までフォローしてくれるため未経験者の不安を軽減する上でも大いに役立ちます。これはIT転職.bizの内定率の高さにも通じるサポート力と言ってよいでしょう。キャリアプランニングの相談もできますので、一度ぜひ登録してみてください。

相談はエージェントへ
相談はエージェントへ

未経験からITエンジニアへの門をたたく転職者も、IT業界に精通した転職エージェントにキャリア相談をしてみることをおすすめします。未経験者の場合は特に、まだITエンジニアとして何がしたいのかもわからないのにキャリアプランといわれても困るという人も多いはずです。転職エージェントに相談したからと言ってそれだけで全てが解決するわけではありませんが、キャリアプランニングとその実現のための方法に客観的アドバイスをもらえます。

代表的なキャリアの種類
代表的なキャリアの種類

これからITエンジニアを目指そうと考えている未経験者の方も、将来的なキャリアの選択肢や種類について知っておくべきです。未経験者からITエンジニアの門をたたく場合、まずはプログラマから入門するケースが殆どでしょう。しかし、30代前半、早ければ20代後半にはプログラマとしてのピークに達します。その先、どういう方向へ進むのか、早めに見通しを立てておけばそれまでの間に学ぶべきスキルや達成しておきたい実績なども具体的に見えてきます。