ホーム

ITエンジニアのキャリアプラン

ITエンジニアのキャリア「ITコンサルタント」という選択肢

ITエンジニアのキャリアプラン

リンク

経営課題を解決する「ITコンサルタント」

経営課題を解決する「ITコンサルタント」

ITコンサルタントは、企業の課題をITで解決するためにサポートすることが主な仕事内容です。どこに課題があるのかを判断するヒアリング能力が欠かせません。また、それを解決するための技術的知識ももちろん必要となります。ITエンジニアからITコンサルタントへキャリアアップしたいと考えている方へ、仕事内容から資格取得まで簡単にご紹介しましょう。

仕事内容とは

クライアント企業の経営方針に沿って、具体的なIT戦略を提案したり、ITシステムの改善から経営状況を改善するなど、クライアントの要望によって様々な業務を行います。システム導入に関するサポートや実際に導入するまでを依頼されることも多く、その場合は、システムの設計、開発、動作テストまで行うこともあります。そのため、すべての仕事を一人で行うのは難しく、一般的にはそれぞれの分野のスペシャリストを集めたチームで仕事を進めていきます。しかし、クライアントと接するのはコンサルタントの役目ですから、高いITの知識がなければ話をすることも難しいでしょう。

必要な能力は?

前述のとおり、ITコンサルタントは、チームで仕事をしていくものです。クライアントとの接点はコンサルタントの役目ですから、プロジェクト全体のリーダーとして動かなければなりません。各分野で起こるトラブルに対しても対処しなければなりません。高いスキルのほかにも論理的思考力や決定力、スペシャリストをまとめていくリーダーシップが必要になります。また、クライアントとの調整には高い調整能力が必要です。コミュニケーション能力はさることながらプレゼン力や忍耐力も必要になるでしょう。
ITコンサルタントは、クライアントの問題解決をしていくのですから、常に高いアンテナを張って細かい課題に気付くことができて、挑戦を忘れないようなモチベーションも大切です。

ITコンサルタントになるには?

ITコンサルタントの資格として最も有名なのは、「ITストラテジスト」ではないでしょうか。以前は、システムアナリストという名称でしたが、上級アドミニストレータと統合されて今に至ります。受験資格は特にありません。しかし、実務経験が少ないと合格は難しいでしょう。基本的なITスキルを確かめる選択問題から実際のコンサルティングを想定した論述問題まであり、合格率は決して高くありません。

おすすめの通信講座

ITストラテジストは、非常に難関です。そのため、通信講座などを利用して効率的に学習していくことが大切です。中でも「日本マンパワー」の通信講座がおすすめです。

>>オフィシャルサイト

>>オフィシャルサイト

「日本マンパワー」はデジタル教材が充実しており、自己学習を助けてくれます。

未経験者にも役に立つ

高い内定率の「IT転職.biz」
高い内定率の「IT転職.biz」

未経験者の転職先探しにもIT業界に精通している転職支援エージェントである「IT転職.biz」を活用してみてください。IT転職.bizでは、経歴書の作成や面接トレーニング、さらに面接後のフィードバック検証までフォローしてくれるため未経験者の不安を軽減する上でも大いに役立ちます。これはIT転職.bizの内定率の高さにも通じるサポート力と言ってよいでしょう。キャリアプランニングの相談もできますので、一度ぜひ登録してみてください。

相談はエージェントへ
相談はエージェントへ

未経験からITエンジニアへの門をたたく転職者も、IT業界に精通した転職エージェントにキャリア相談をしてみることをおすすめします。未経験者の場合は特に、まだITエンジニアとして何がしたいのかもわからないのにキャリアプランといわれても困るという人も多いはずです。転職エージェントに相談したからと言ってそれだけで全てが解決するわけではありませんが、キャリアプランニングとその実現のための方法に客観的アドバイスをもらえます。

代表的なキャリアの種類
代表的なキャリアの種類

これからITエンジニアを目指そうと考えている未経験者の方も、将来的なキャリアの選択肢や種類について知っておくべきです。未経験者からITエンジニアの門をたたく場合、まずはプログラマから入門するケースが殆どでしょう。しかし、30代前半、早ければ20代後半にはプログラマとしてのピークに達します。その先、どういう方向へ進むのか、早めに見通しを立てておけばそれまでの間に学ぶべきスキルや達成しておきたい実績なども具体的に見えてきます。