ホーム

ITエンジニアのキャリアプラン

ITエンジニアのキャリア「プロジェクトマネージャー」という選択肢

ITエンジニアのキャリアプラン

リンク

計画を実現させる「プロジェクトマネージャー」

計画を実現させる「プロジェクトマネージャー」

社会のいろいろなものがIT化され、開発プロジェクトは増加するばかりです。内容も複雑で高度なものばかりで、無事に成功させることは至難の業となっています。プロジェクトが成功するかどうかはプロジェクトマネージャーにかかっているといっても過言ではありません。いま、このプロジェクトマネージャーという仕事に熱い視線が注がれています。

仕事内容とは

プロジェクトマネージャーは、システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画の立案や運営、監督、進行管理、納期や品質の管理、進捗状況の管理など、幅広い業務を担当します。一般的には「プロマネ」と呼ばれ、ITエンジニアのキャリアプランには必ずといっていいほど名前が挙がる職業です。システムを導入する側と開発する側の両方の企業を理解していないと実現可能なプロジェクトを企画することはできません。そのため、技術的なことだけではなく様々な知識や経験が必要となる重要なポジションなのです。

やりがいや大変なこと

プロジェクトマネージャーの責任は大きく、多くの知識が必要となるため誰でも簡単になれるものではありません。仕事量も多く、残業も多くなるでしょう。しかし、その大変さと比例してプロジェクトが無事に成功をおさめたときの達成感は言葉にできないものです。また、プロジェクトには社内外の多くの人が関わることも少なくありません。それらの人々をうまくまとめ上げ、リーダーシップを発揮できたときには高い信頼を得ることができます。上司や同僚からも評価されることでしょう。

プロジェクトマネージャーになるには?

プロジェクトマネージャーになるために必ず必要な資格はありません。エンジニアとして実績を積み、必要な知識や経験が揃えば誰でもプロジェクトマネージャーになることができます。しかし、自分の能力を広くアピールするには資格をとっておくことも悪いことではありません。具体的には独立行政法人情報処理推進機構が実施している情報処理技術者試験を取得するのが最適です。情報処理技術者試験は、プロジェクトマネージャー試験のような難易度MAXのものからエンジニアの基本的スキルを証明する基本情報技術者試験もあります。まずは、基本情報技術者から初めて実績を積みながらプロジェクトマネージャー試験にチャレンジするとよいでしょう。

おすすめの通信講座

これからプロジェクトマネージャー試験の受験にチャレンジしようと思っているなら、仕事をしながらでも勉強ができる通信講座がおすすめです。中でも「E-PROJECT」は、Web上で随時テストを受けることができるので理解度を確認しながら勉強することができます。

>>オフィシャルサイト

>>オフィシャルサイト

「E-PROJECT」は動画やテストを中心に学習ができ、忙しいエンジニアでも少しの空き時間を利用することができます。

最後の仕上げで模擬試験を受けよう

資格試験などはいくら勉強をしても実際に合格するまで不安なものです。そこで、事前に模擬試験を受けてみましょう。緊張感を体感しておくことも試験を乗り切るためには有効です。

>>オフィシャルサイト

>>オフィシャルサイト

「アイテック」は、本試験1ヶ月前に受験会場を使って本番さながらの模擬試験を受験することができます。

また、会場から遠い人は自宅でも受験することができるので安心です。

未経験者にも役に立つ

高い内定率の「IT転職.biz」
高い内定率の「IT転職.biz」

未経験者の転職先探しにもIT業界に精通している転職支援エージェントである「IT転職.biz」を活用してみてください。IT転職.bizでは、経歴書の作成や面接トレーニング、さらに面接後のフィードバック検証までフォローしてくれるため未経験者の不安を軽減する上でも大いに役立ちます。これはIT転職.bizの内定率の高さにも通じるサポート力と言ってよいでしょう。キャリアプランニングの相談もできますので、一度ぜひ登録してみてください。

相談はエージェントへ
相談はエージェントへ

未経験からITエンジニアへの門をたたく転職者も、IT業界に精通した転職エージェントにキャリア相談をしてみることをおすすめします。未経験者の場合は特に、まだITエンジニアとして何がしたいのかもわからないのにキャリアプランといわれても困るという人も多いはずです。転職エージェントに相談したからと言ってそれだけで全てが解決するわけではありませんが、キャリアプランニングとその実現のための方法に客観的アドバイスをもらえます。

代表的なキャリアの種類
代表的なキャリアの種類

これからITエンジニアを目指そうと考えている未経験者の方も、将来的なキャリアの選択肢や種類について知っておくべきです。未経験者からITエンジニアの門をたたく場合、まずはプログラマから入門するケースが殆どでしょう。しかし、30代前半、早ければ20代後半にはプログラマとしてのピークに達します。その先、どういう方向へ進むのか、早めに見通しを立てておけばそれまでの間に学ぶべきスキルや達成しておきたい実績なども具体的に見えてきます。