ホーム

ITエンジニアのキャリアプラン

ITエンジニアのキャリア「フリーエンジニア」という選択肢

ITエンジニアのキャリアプラン

リンク

高収入も狙える「フリーエンジニア」

高収入も狙える「フリーエンジニア」

日本の昔からの終身雇用制度が崩壊しつつあり、働き方が多様になってきたなかで、フリーエンジニアという存在が注目されるようになってきています。この働き方は以前からありましたが、高い技術をもつエンジニアがいろいろなメリットを求めて会社組織から離れて、フリーエンジニアとなっているというのが傾向としてあるように思います。フリーエンジニアとはどういうものか、そのメリットはどのようなものがあるのかを考えてみたいと思います。

フリーエンジニアとは?

通常の会社勤めとは異なり、個人事業主として、もしくは個人ひとりの企業法人として、個々の契約ベースで報酬を受け取るエンジニアのことです。フリーエンジニアをサポートする会社やサービスなどはありますが、基本的には自身で契約し、自身で契約内容にもとづいて作業を行い、お金の出入りなどの管理まで自身で行うことになります。様々な会社のもとで仕事をするというのは派遣社員に似ていますが、派遣社員はあくまでも派遣会社に所属している社員であり、フリーエンジニアはその名のとおりどこにも所属していない個人のことです。

フリーエンジニアのメリットは?

まずフリーエンジニアとしてのメリットはその収入にあります。会社員であれば、残業時間などでの増減はありますが、基本的に働いた期間に応じた一定の金額が支払われます。出勤さえしていれば、そこで大きな成果をあげても収入は特に変わりません。
ですが、フリーエンジニアであれば契約ごとに収入は変わります。お金を支払う側が、フリーエンジニアの技術や能力に価値を感じれば、それだけのお金を報酬として出してくれます。また、会社であれば社員に支払われるお金は社員が働いて売り上げをあげたすべてではありません。会社を運営するのは人件費以外にも多くのお金が必要で、土地建物といった不動産関連、設備、文房具にいたるまで、いろいろな経費がかかっていて、それらが売り上げから引かれた結果が、社員のそれぞれの給料になっているわけです。フリーランスといえど経費はかかりますが、会社組織と比べてはるかに小さく抑えることができますし、不要なものは省くことも可能です。ですから、同じだけの案件をこなせれば、自然と収入は比較して大きくなります。
また、働き方、時間の使い方を自分で決めることができます。特にプロジェクトの常駐ではない自宅作業であれば、決してカレンダーにとらわれることはありません。自分で適度に休みを設定して、好きなときに働けばいいわけです。長い休暇も誰に断ることもいりません。体調を悪くしても無理やり出社することがありません。夜のほうが捗るのであれば、夜に作業を行ってもよいでしょう。どんな仕事をするか、というのもフリーエンジニアは自分の裁量の範囲内です。最初のうちは収入を安定させるためにも選り好みはしにくいかもしれませんが、実績を積むことによって「求められるエンジニア」になれば、仕事も幅広い中から選べるようになりますし、金銭的な交渉もできるようになるでしょう。

面倒もあるが得るものは大きい

デメリットがまったくないわけではありません。成果に関わらず一定の収入があった会社員とは違って、収入は安定しません。会社員のころにはまったく会計のことなど気にしなかったかもしれませんが、自分ひとりのこととはいえ、お金の出入り、経理状況を管理しなくてはいけません。個人事業主であれば確定申告、個人の法人であれば決算のような事務作業が必要です。そういった面倒ごと、いままで経験のないことをする必要はありますが、それでもフリーエンジニアには先の項で述べたような「フリーエンジニアでしかできないこと」があります。高収入の可能性、時間や仕事内容の自由、そういったものはフリーエンジニアでしか得られないことで、腕に自信のある人は検討していいと思います。

未経験者にも役に立つ

高い内定率の「IT転職.biz」
高い内定率の「IT転職.biz」

未経験者の転職先探しにもIT業界に精通している転職支援エージェントである「IT転職.biz」を活用してみてください。IT転職.bizでは、経歴書の作成や面接トレーニング、さらに面接後のフィードバック検証までフォローしてくれるため未経験者の不安を軽減する上でも大いに役立ちます。これはIT転職.bizの内定率の高さにも通じるサポート力と言ってよいでしょう。キャリアプランニングの相談もできますので、一度ぜひ登録してみてください。

相談はエージェントへ
相談はエージェントへ

未経験からITエンジニアへの門をたたく転職者も、IT業界に精通した転職エージェントにキャリア相談をしてみることをおすすめします。未経験者の場合は特に、まだITエンジニアとして何がしたいのかもわからないのにキャリアプランといわれても困るという人も多いはずです。転職エージェントに相談したからと言ってそれだけで全てが解決するわけではありませんが、キャリアプランニングとその実現のための方法に客観的アドバイスをもらえます。

代表的なキャリアの種類
代表的なキャリアの種類

これからITエンジニアを目指そうと考えている未経験者の方も、将来的なキャリアの選択肢や種類について知っておくべきです。未経験者からITエンジニアの門をたたく場合、まずはプログラマから入門するケースが殆どでしょう。しかし、30代前半、早ければ20代後半にはプログラマとしてのピークに達します。その先、どういう方向へ進むのか、早めに見通しを立てておけばそれまでの間に学ぶべきスキルや達成しておきたい実績なども具体的に見えてきます。