ホーム

ITエンジニアのキャリアプラン

ITエンジニアのキャリアプランの選択肢

ITエンジニアのキャリアプラン

リンク

キャリアプランの選択肢とは

キャリアプランを考えるにあたり、まずは職種から考えてみましょう。ITエンジニアのキャリアの代表的な選択肢である「プロジェクトマネージャー」、「ITコンサルタント」についてその仕事内容やキャリア実現に役立つ資格などを紹介します。開発現場の最前線で活躍し続けたい気持ちが強い場合はプロジェクトマネージャー、経営よりの視点からITエンジニアとしての技術知識とノウハウを役立てるならITコンサルタントが向いているでしょう。キャリアプランを考える上でもうひとつ視野に入れるべきなのが働き方の選択です。フリーエンジニアとしての独立という選択で得られるメリットを紹介します。

代表的なキャリアの種類

ITエンジニアが転職によってキャリアアップを目指す場合、どのようなキャリアプランを持っているかは重要になってきます。大まかに分けると、プロジェクトマネージャーとしてメンバーを率いて上流工程にかかわっていく道、ITコンサルタントとしてエンジニアの知識を生かして企業経営にかかわっていく道、フリーエンジニアとして自らの技術力一本で食べていく道があります。前の2つは技術力以外の能力が必要になってくるのに対し、フリーエンジニアは純粋に技術力だけで勝負をするという違いがあります。続きへ

計画を実現させる「プロジェクトマネージャー」

最近のIT業界ではエンジニアは技術だけあればいいという時代ではなくなっています。むしろ技術以外のスキルが重要視されプロジェクトマネージャーなど高度な知識を持つエンジニアは引く手あまたとなっています。昔からプロジェクトマネージャーは目指す人が多いキャリアプランの一つです。しかし、どうすればなれるのか、どういうスキルを身に付けていけばよいか理解しているエンジニアは少ないことでしょう。若手エンジニアでもしっかりと技術を身に付け準備をしていけばプロジェクトマネージャーとして活躍するが可能です。続きへ

経営課題を解決する「ITコンサルタント」

ITコンサルタントもITエンジニアのキャリアプランとして人気の高い選択肢です。ITコンサルタントは、エンジニアとして培ってきた技術的知識や経験をフルに活用し、企業の経営課題をITで解決するという役割を担います。今や企業経営にIT戦略は必要不可欠なものとなっているため、ITコンサルタントの活躍の場も広がる一方と言えるでしょう。一技術者から、経営サイドへと視点も思考も切り替えていく必要があります。もちろん経営的な知識やコンサルティング技術も身につける必要があり、難易度が高い分やりがいも報酬も大きい仕事です。続きへ

高収入も狙える「フリーエンジニア」

フリーエンジニアとは、会社員とは違って、会社や団体に属さずに技能を提供して報酬を得る、個人事業主や個人企業のことです。フリーエンジニアは技術やスキルに応じて報酬を得ることができるので高収入の可能性が広がる、時間や内容など働き方のスタイルを自分で選べる、といったメリットがあります。会社に属さないことですべて事業活動は自分でコントロールしなければならず、手間な部分もありますが、フリーエンジニアでしか得られないメリットもあるので検討に値するでしょう。続きへ

未経験者にも役に立つ

高い内定率の「IT転職.biz」
高い内定率の「IT転職.biz」

未経験者の転職先探しにもIT業界に精通している転職支援エージェントである「IT転職.biz」を活用してみてください。IT転職.bizでは、経歴書の作成や面接トレーニング、さらに面接後のフィードバック検証までフォローしてくれるため未経験者の不安を軽減する上でも大いに役立ちます。これはIT転職.bizの内定率の高さにも通じるサポート力と言ってよいでしょう。キャリアプランニングの相談もできますので、一度ぜひ登録してみてください。

相談はエージェントへ
相談はエージェントへ

未経験からITエンジニアへの門をたたく転職者も、IT業界に精通した転職エージェントにキャリア相談をしてみることをおすすめします。未経験者の場合は特に、まだITエンジニアとして何がしたいのかもわからないのにキャリアプランといわれても困るという人も多いはずです。転職エージェントに相談したからと言ってそれだけで全てが解決するわけではありませんが、キャリアプランニングとその実現のための方法に客観的アドバイスをもらえます。

代表的なキャリアの種類
代表的なキャリアの種類

これからITエンジニアを目指そうと考えている未経験者の方も、将来的なキャリアの選択肢や種類について知っておくべきです。未経験者からITエンジニアの門をたたく場合、まずはプログラマから入門するケースが殆どでしょう。しかし、30代前半、早ければ20代後半にはプログラマとしてのピークに達します。その先、どういう方向へ進むのか、早めに見通しを立てておけばそれまでの間に学ぶべきスキルや達成しておきたい実績なども具体的に見えてきます。